読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tetsuyaota.net

the article is randomly updated

Oui! Friends..

As you know, "Pianist/Composer/Surgeon"

グランクラス初試乗!

 高崎シリーズ、もう少しお付き合いを。普通に考えると、中国地方の岡山から北関東の高崎へ行くルートは、まず東京まで新幹線で移動し、そこから上越あるいは北陸(長野)新幹線で高崎へ移動するってことになる。もちろん、僕も行きがけはそう考えた。東京駅で、新装開店した北陸新幹線の車両が2台揃い踏みっていう光景はなかなかお目にかかれない。鉄ちゃんとしては、テンション上がる〜
f:id:tetsuyaota:20150526221945j:plain
 しかし、帰りはどうする?同じ行程を引き返すのは面白くない。それなら・・・新たに開通した北陸新幹線で高崎から金沢へ。で、金沢で在来線特急「サンダーバード」に乗り換えて新大阪へ。最後は山陽新幹線で新大阪から岡山へという北陸を経由するルートを考えた。所要時間としては行きがけより2時間ほどオーバー。だけど、途中に在来線特急を挟むために、東京経由のルートと運賃にあまり変わりはない。それならば、鉄ちゃんとしては、北陸新幹線に乗らねば!
 しかし、そこでタダでは引き下がらないのが鉄ちゃん魂。東北新幹線新青森まで開通した時に創設されたグランクラス北陸新幹線にも設定されてるとのことで、一度乗車してみたい!という気持ちがムクムクと湧いてきた。で、清水の舞台から飛び降りる気持ちでチケットをゲット(^^)。いざ、グランクラスの車内へ。
f:id:tetsuyaota:20150526222815j:plain
 和のテイストが生かされた車内デザイン。九州新幹線もそうだけど、いいくらいのバランスで和を感じさせる。
f:id:tetsuyaota:20150526223052j:plain
 東京から金沢へ移動するグランクラスは先頭車両になる。そして、左側2列、右側1列という、ゆとりのあるシート。飛行機で言えば、ビジネス〜ファーストクラスといった雰囲気。
f:id:tetsuyaota:20150526223339j:plain
 そして、あらゆる箇所を自分好みに設定できるシートが絶品!これは極上のマッサージチェアですか?って思わず聞きたくなるほど。一番安楽になるポジションに設定すると、列車の振動も皆無。心地よい眠りに誘ってくれる・・・
 いやいや!ここで眠ってしまうと、清水の舞台から飛び降りた甲斐がない(笑)。で、早速にフリードリンクのビールをキャビンアテンダントにオーダー。そして、ほどなくして軽食がサーブされた。
f:id:tetsuyaota:20150526223741j:plain
 これがね、駅弁のレベルを超えた美味しさ!上質な味付けがなされていて、お酒のおつまみにも最適。実は、ここまでで既にビールを2本飲んじゃった(^^)。
 途中にいくつか停車したんだけど、もうどうでもいい感じ(笑)。あまりの心地良さに完全にやられてしまった〜 黒部宇奈月温泉駅を過ぎてからは北陸の風景が車窓に拡がる。そこで、満を持して白ワインをオーダー。
f:id:tetsuyaota:20150526224333j:plain
 うん、これもマイウ〜で大満足。昔、二階建て新幹線の食堂車でプチ贅沢をしたのを思い出すなあ。しかし、その後北陸新幹線は無情にも富山から金沢へ到着してしまう・・・もっと、もっとこの雰囲気に浸りたかった!と思わせてくれるほど、グランクラスは極上な質感でした(^^)。