読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tetsuyaota.net

the article is randomly updated

Oui! Friends..

As you know, "Pianist/Composer/Surgeon"

花火の翌朝に

f:id:tetsuyaota:20160808172043j:plain
 リオデジャネイロ・オリンピックの開幕と同じ日だった、岡山市の花火大会。ちょうど高校総体も開催中だし、天候も申し分なかったのもあって、いつもより街中の人出が多かったように感じた。それと共に、警官の人数も多かったような。まさか、この大都会岡山(笑)でテロの起きる危険性は低いとは思うけど、皆が花火を気兼ねなく楽しめるのは、平和であるからこそ。
 それと、もう一つ書き留めておきたいことが。翌朝、後楽園外苑近くの道を通っていると、河川敷に仮設してあったゴミ箱から大量のゴミを分別している人達が多数いるのに気がついた。その後の新聞報道で知ったんだけど、この人達は雇われたのではなく、事前の募集に応じた清掃ボランティアとのこと。募集ページには・・

納涼花火大会後に放置されたゴミや、地面に貼り付けられたガムテープなどのゴミ収拾を行い、市民の花火大会におけるゴミ問題に対する認識を深めてもらうとともに、マナー向上によるゴミの減量化を図ります。

 と書いてあった。長らくOJF(おかやまJAZZフェスティバル)の野外イベントに携わってきたけど、イベント時に発生するゴミの問題にはいつも悩まされる。だから、清掃ボランティアにわざわざ応募する人達がいることにまず驚いたし、こういう意識の高い人達がいるなんて岡山も捨てたものじゃないと、ちょっと誇らしい気分にもなった。だけど、そもそもボランティアの手を借りないといけないような状態だったってことだから、そこは恥ずべきこと。一人一人が人様の迷惑にならないように気をつけて、来年も楽しく花火が見られたらいいね。