読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tetsuyaota.net

the article is randomly updated

Oui! Friends..

As you know, "Pianist/Composer/Surgeon"

京都〜大原三千院♪

 今年の日本シリーズ、いや〜楽天強い!。東北の復興を願う自分と巨人ファンの自分とがせめぎあって見てるだけで結構キツイ(笑)。でも、これで第6戦以降の楽しみが増えたね。さて、京都レポの続き〜。
 今回、台風27号のために悪天候が続いてはいたものの、学会最終日には天候が回復。さすが、晴れ男でしょ(笑)。会場の京都国際会議場からはバスが出ていて、それに乗れば20分少々で大原まで辿りつけるとわかり、路線バスのshort tripへ。
f:id:tetsuyaota:20131031224251j:plain
 最近、日本全国どこに行っても地元の路線バスに乗るのが全く苦じゃなくなってきた。それどころか、逆にバス好きになってるくらい(笑)。地下鉄に乗れば確かに早いけど、地上の風景やひとつひとつの停留所を見ながら移動するのが好きかな。
 台風の影響もあったのかもしれないけど、大原に着いても観光客でごった返しているということもなく、美しい自然が出迎えてくれた。
f:id:tetsuyaota:20131031225547j:plain
 京都中心部の鴨川は結構濁流だったんだけど、源流に近いところまでいくときれいな清流。空気が澄んでいて、しっかり深呼吸したくなるほど。
f:id:tetsuyaota:20131031225804j:plain
 緩やかな坂道を昇っていくと、お漬物屋さんが多数軒を並べている。僕が気になったのはこの飴屋さん。思わず買いたくなったけど、我慢してひたすら山門へと歩いて行く。
 ほどなくして三千院の入り口へと辿り着いた。
f:id:tetsuyaota:20131031230119j:plain
 観光客が比較的少ないとはいえ、沢山の人がこの前で写真を撮っていたので、人気のない山門を撮影するのは一苦労(笑)。この後、三千院へ。

 いつも思うんだけど、美しいものって飛び抜けている。つまり、僕みたいな下手くそが写真を撮っても、どの角度でもキレイに収まる。
f:id:tetsuyaota:20131031230630j:plain
 別に解説の必要はないでしょ?(笑)後は、ただ写真をご覧アレ。
f:id:tetsuyaota:20131031230715j:plain
 自然のままと人間の手が入ったものの絶妙なバランス。苔庭の緑が美しい!

 ここからが僕のお気に入り。三千院の童地蔵です!少し、画面から離れて見てみると、その良さがわかってもらえると思います。
f:id:tetsuyaota:20131031230824j:plain
 この他にも・・・
f:id:tetsuyaota:20131031231106j:plain
 なんかね、童地蔵の表情が柔和なんです。
f:id:tetsuyaota:20131031231200j:plain
 何を祈ってるのかな?って思わず考えちゃう(笑)。うん、でも何も祈ってなんかないんだよね。ただ、毎日を生きてることが楽しいっていう童(わらべ)の笑顔に癒されました〜