読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tetsuyaota.net

the article is randomly updated

Oui! Friends..

As you know, "Pianist/Composer/Surgeon"

高台寺の夜再訪

 京都篇のおまけ(^^)、高台寺の夜再訪〜
f:id:tetsuyaota:20151107234956j:plain
 祇園から石塀小路を過ぎて、高台寺へ。ちょうど夜間ライトアップが始まってた。だけどね、これまでとはちょっと趣向が異なってた。
f:id:tetsuyaota:20151107235304j:plain
 そう、プロジェクションマッピング。今ではあちこちでされているけど、古都京都の由緒あるお寺でやるか!って感じ。
f:id:tetsuyaota:20151107235513j:plain
 結構動きがあるから、写真ではなかなかその情景を伝えきれないけど、とりあえずお見せしましょう〜
f:id:tetsuyaota:20151107235610j:plain
 比較的静かな雰囲気の投影から、一気に華やいでいく。都大路の栄華が眼前に再現される。
f:id:tetsuyaota:20151107235952j:plain
 石庭や建物の門構えにピタリとはまったプロジェクションマッピング。凄い〜
f:id:tetsuyaota:20151108000633j:plain
 最後は竜がお目見え。3分間ほどの上映だけど、単なるライトアップとは異なり、見ごたえがある。ただ、そんな現代的な脚色にも負けないほどの庭園美がここにある。
f:id:tetsuyaota:20151108000835j:plain
 まるで鏡のように臥龍池に映し出される木々。いったい、どちらの世界が本当なの?って惑わされるほど。こういう本物の美があるからこそ、プロジェクションマッピングみたいなチャレンジができるんだよね。
f:id:tetsuyaota:20151108001121j:plain
 嵯峨野にもあるけど、こういう竹林って大好き。紅葉のライトアップなどを見た後に、こういう水墨画的な世界を見ると、ホッとするかな。何て言うか、起承転結のあるドラマを観てるような気持ちにさせられるんだよね。ということで、その後はお約束のB級グルメで〆となりました(^^)。