読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tetsuyaota.net

the article is randomly updated

Oui! Friends..

As you know, "Pianist/Composer/Surgeon"

讃岐の男うどん@北区富田町

f:id:tetsuyaota:20150803194815j:plain
 柳川の交差点にあった「讃岐の男うどん」が、ビル再開発のため3月に移転。案内のフライヤーもなかなかパンチが効いてる。最初、右から縦に読んでいくと、「ど富へし」って何?って思ったけど、左上から横に読んでいくわけね(笑)。
f:id:tetsuyaota:20150803194836j:plain
 旧店舗から県道岡山吉井線を北上すること約400m。隣は中国銀行富田町支店なので、ここのコインパーキングに駐車して、ようやく訪問できた。店の門構えは移転前より洒落た感じ。
 さて、何食べようか・・・とメニューを拝見。僕は、うどんというのはたっぷりとした出汁とセットが好きなので(いわゆるかけうどん(温)デス)、前回(1年前の春)は迷わず「男の肉うどん(温)」を食べた。
f:id:tetsuyaota:20150803195739j:plain
 これは、肉うどんに、温玉・ちくわ天・ごぼう天がトッピングされているもの。熱々のお出汁で、マイウ〜。
 しかし、今回は既に夏。暑い中で熱いうどんはちょっと無理〜ってことで、夏のスペシャルメニュー「男おろし」という、特選ぶっかけうどんを注文!もちろん、無料サービスの大盛りで(笑)。
f:id:tetsuyaota:20150803200429j:plain
 出てきたのがコチラ。写真だと小ぶりに見えるけど、ちょっと恥ずかしくなるくらい大きな丼鉢!で、例によってうどんが見えない〜(^^)。左から順に、男うどん定番のごぼう天とちくわ天。そして、右には茄子天と、温玉の代わりにうずらの生卵が葱の中に。で、右手に豚肉の冷しゃぶ、中央にてんこ盛りの大根おろしと生姜。これに少し酸味の効いたお出汁をかけていただく。う〜ん、かなりサッパリした味付けで、夏にはピッタリ。うどんも太めでコシがあり、食べごたえがある。大盛りにしたのもあるけど、トッピングも沢山あってお腹一杯!ウン、ぶっかけも好きになったかも〜。夏でも、「男うどん」ここにあり!ってか(^^)。