読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tetsuyaota.net

the article is randomly updated

Oui! Friends..

As you know, "Pianist/Composer/Surgeon"

ご当地ラーメン5連発!

 年末になると、今年1年を振り返りたくなる。去年もそうやって「年越しラーメン3連発!」という記事を書いたんだけど、今回は日本各地で食べたご当地ラーメンを〜
 まずは、秋田から。駅前をブラブラ歩いていて、たまたま見つけたお店「末廣ラーメン本舗」。なんかね、美味しいものを食べさせてくれる店ってそれなりな雰囲気を漂わせているでしょ?
f:id:tetsuyaota:20141230103438j:plain
 活気溢れる店内で気になったメニューがこちら。あさり醤油ラーメン!
f:id:tetsuyaota:20141230103638j:plain
 濃厚な醤油系スープにあさりの出汁が加わって、マイウ〜!後で調べてみると、京都の有名ラーメン店「新福菜館」が発祥のお店とな。こちらの焼き飯もラーメンに負けず劣らず濃厚な味で、パンチが効いてた。主に東北地方で展開しているお店だけど、東京では高田馬場に支店があるそうデス。
 お次は、和歌山。駅前の有名店「井出商店」へ。
f:id:tetsuyaota:20141230105110j:plain
 こちらも、豚骨ベースの濃厚な味。もちろん美味しいラーメンなんだけど、下の写真右上にチラッと写ってるのは・・・
f:id:tetsuyaota:20141230105432j:plain
 ハイ、巻き寿司!何でも、和歌山の人達はラーメンを食べる前にお寿司をつまむ習慣があるそうな(驚)。最初は半信半疑だったけど、店内に入ると注文したラーメンが来る前に、この巻き寿司や、「早寿司」と呼ばれる鯖寿司をヒョイっと食べている。それに習って、僕も「早寿司」を。
f:id:tetsuyaota:20141230105851j:plain
 まごう事無き鯖寿司!濃厚なラーメンとマッチしているかどうか?と聞かれると、それはご想像にお任せします(笑)。
 三つ目は、郡山。ちょいと寂れた裏通りを歩いていくと・・・
f:id:tetsuyaota:20141230110159j:plain
 「舛はん」っていうお店を発見。カウンターに座ると、厨房には年配の女性二人。7月中旬ではあったけど、店内にはエアコンによる冷房などはなく(東北では割に多い)、うちわが置いてあるのみ。うーん、これは結構ディープだぞ〜と思いつつ、お目当てのラーメンを注文。ブラックラーメンというと富山を思い浮かべるけど、この「舛はん」は郡山ブラックとして有名だそうな。
f:id:tetsuyaota:20141230110901j:plain
 麺が殆ど透けて見えないほど濃口のスープ。これは塩っぱいんだろうなあ〜恐る恐る食べてみると、案外イケる!最近は、豚骨・鶏がら・魚介などてんこ盛りでコッテリした味のラーメンが多いけど、こちらは濃い醤油味で直球1本勝負って感じ。ただ、高血圧が気になる人はちょっと注意した方がいいかな(笑)。
 後は全国に名が通っている有名店を。
f:id:tetsuyaota:20141230111955j:plain
 岡山天満屋の「北海道展」に来てた札幌「すみれ」の味噌ラーメン。もう、この濃厚なスープはハンパない!刻んだチャーシュー、ニンニク、玉ねぎ、ひき肉が渾然一体となり、これに太いちぢれ麺が絡むとまさに絶品。ちょっと他では食べられない味かな。ラー博にも出店してて、行列が絶えないのもわかるね。
f:id:tetsuyaota:20141230113007j:plain
 最後は、東京駅にほど近い商業施設「KITTE」に出店している、北海道旭川の「梅光軒」。こちらの店舗の正式名称は「ばいこうけん東京」。北海道というと味噌あるいは塩系っていうイメージだけど、梅光軒は醤油ラーメンが有名。これまで書いた4軒は、いずれも僕の中では意を決してチャレンジ!っていう感じだったんだけど(笑)、ここはあっさり&コクのあるスープで普通に美味しいです。
 こうして見ると、日本国中に趣向の異なるラーメンがあるよね。僕にとっては旅の楽しみが増えて大歓迎だけど(^^)。また、機会があれば岡山のラーメン状況も御紹介しまーす。以上、今年のブログに書き損ねたご当地ラーメン5連発でした!