読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tetsuyaota.net

the article is randomly updated

Oui! Friends..

As you know, "Pianist/Composer/Surgeon"

富士山の麓にて

 昨日から、とある研修のために富士山の麓の施設へ来てる。ここで昼夜缶詰になりながら、セミナーを受講してるわけ。ただでさえ忙しい師走の押し迫った時期にどうして?ってことにもなるんだけど、まあ仕事なんだからしようがない(笑)。しっかり勉強してそれなりのスキルを身につけないとね。
 富士宮の別施設に過去2回行ったときはいずれも天候不良にて、富士山の全貌は全く見えず。昨日も曇りで富士山のかけらも見えなかった・・自称晴れ男なのに、富士山にだけはほとほと縁がない。今回もやっぱりだめかなあと思いつつ今朝は日の出前に早起きしてみた。空の半分ほどは晴れてるのに、富士山周囲には厚い雲が。やっぱり3776mの標高は伊達じゃなく、頂上付近にはすぐに雲がかかってしまう。そうこうしているうちに朝日が昇ってきて、もうそろそろ部屋に帰ろうかな〜と思って振り返ると・・・
f:id:tetsuyaota:20131209184609j:plain
 ん?これがいわゆる赤富士か??朝日がちょうど富士山の山頂から裾野に至るところへ差してきて、山全体が朝焼けみたいな色を呈している。思わず心の中で、オー!!と叫んだほど、何とも言えない感動に襲われた。古来、日本人が富士山を信仰の対象にしていたのもよくわかる。まさに一種の宗教的体験みたいだった。
 しかし、赤富士の姿が見られたのはほんの束の間。その後、またまた富士山は天の岩戸の如く、雲間へお隠れになったのでありました〜