tetsuyaota.net

the article is randomly updated

Oui! Friends..

As you know, "Pianist/Composer/Surgeon"

movie

セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター  

僕の得意技、岡山では既に上映が終わってしまった映画の寸評(笑)。すんません〜忙しかったもので。 今年の6月、渋谷オーチャードホールのボズ・スキャッグス・ライブに行ったとき、Bunkamuraを入ってすぐのディスプレイに、ある映画の予告編が流されていた…

KANO  

先週末からISIS/ISILを巡る陰惨な報道が続いている。痛ましい事件が相次ぎ、否が応でも負の感情が湧いてくる。それを言葉にしようとすれば、どういう立場であれ誰かを攻撃するような体裁になってしまう。ここで後藤さんが過去に語った言葉を思い出す。 「目…

新幹線大爆破  

奇しくも、高倉健さんの訃報を聞いたのは東京を発した新幹線車中だった。前方の電光掲示板に流れる文字を見たとき、え?嘘?と、思わず自分の目を疑った。すぐにネットのニュースを確認、やはり事実なのか・・と改めてショックを受けた。 世代的に、任侠映画…

LIFE!  

僕が情報を出す時って、だいたい旬の時期を過ぎていることが多くて申し訳ない。展覧会であれば開催最終日とか(笑)。この映画もそう、明日5月2日が岡山では上映最終日。でも、やっぱりオススメしておきたい「LIFE!」。 映画のキャッチコピーには、(1)毎日…

シュガーマン 奇跡に愛された男  

昨日で岡山での上映が終わってからレポを書くのも申し訳ないんだけど、シネマクレールでドキュメンタリー映画「シュガーマン 奇跡に愛された男」を見てきた。OJFの実行委員AさんやプチパインのKさんがオススメ!って言ってたので、それならと思って。 事前に…

宇宙戦艦ヤマト2199  

一昨日の日曜日夕方5時から、宇宙戦艦ヤマト第一作のリメイク版、宇宙戦艦ヤマト2199の放映が開始された。キムタク主演の実写版は、僕の中ではイマイチだったので今回も正直あまり期待してなかった。一応断っておくけど、実写版の出来栄えが悪かったのではな…

レ・ミゼラブル  

しばらく映画館から足が遠のいていたんだけど、これだけは見ないと!と思ったのが「レ・ミゼラブル」。名曲が散りばめられている有名なミュージカルを実写映画化したもので、通常なら歌のパートは別録音なのに、役者が演技をしながら歌っているのをそのまま…

坂道のアポロン  

普段はあまりテレビも見ないし、もちろんアニメも見ない。漫画も特に読まないという、あまりおもしろくない人間なんだけど(笑)、今回密かに期待を持って視聴したのがこちら、「坂道のアポロン」。 1966年初夏。 高校一年生の西見薫は、父親の仕事の都合で…

アンストッパブル

久々にツタヤへ行ってみたものの、あまり見たいなと思えるようなものがない。せっかく来たんだから何かレンタルしてみようかと思って手にとったのが「アンストッパブル」。デンゼル・ワシントンとクリス・パイン主演の、実話に基づいたストーリー。話は比較…

ダンシング・チャップリン

週末に、以前から気になっていた映画「ダンシング・チャップリン」を見てきた。「Shall we ダンス?」で有名な周防正行監督が、フランスの名振付師ローラン・プティによるチャールズ・チャップリンを題材としたバレエを映画化。前半はドキュメンタリー的なメ…

カルメン

先週末、久々にスクリーンオペラを見に行ってきた。今回はオリエント美術館の地下講堂。初めて入ったけど、なかなかいい雰囲気。 前回の「オテロ」はカラヤン指揮のベルリン・フィルっていうのがウリだったけど、今回はカルメンによって翻弄されるドン・ホセ…

幸せの黄色いハンカチ

今週の木曜、テレビ東京系各局で「幸せの黄色いハンカチ」デジタルリマスター版が放映された。先週末から働き詰めでかなり疲れていたので、この日は少し早めに仕事を終えた。たまたまテレビを見てみると若き日の高倉健、武田鉄矢、桃井かおりの姿が。この映…

ノルウェイの森

遅ればせながら映画化された「ノルウェイの森」を見てきた。興行成績自体はいまいち伸び悩んでいるようで、客席も空席が目立つ。確かに、原作の世界に思い入れがあればあるほど、作品と自分のイメージとのギャップに不安を覚えるだろうし。それに、あの内容…

Sound Of Music

CM嫌いなのもあって滅多に地上波で映画は見ないんだけど、今日は体調不良もあって早引き。少し休んでからテレビをつけてみると、「Sound Of Music」のデジタルニューマスター完全版を放映していた。何の気なしに見ていると、もう何回も見ているはずなのに、…

オテロ

先日ルネスホールへ支払いに行ったときに見つけたチラシ。何々オテロとな?これは、イタリアオペラの作曲家ヴェルディの作品じゃないの?で・・?カラヤン指揮のベルリン・フィル?え・・?カラヤンってもう亡くなったはずだけど・・・ と、色々とハテナマー…

ベジャール、そしてバレエはつづく

これは是非見たいと思っていた映画「ベジャール、そしてバレエはつづく」を見に行ってきた。バレエの革新的な振付家:モーリス・ベジャールが亡くなった後に、残されたバレエ団がベジャール自身が指名した後継者:ジル・ロマンを中心として新作を作り上げる…

シャネル&ストラヴィンスキー

昨日、暇を見つけてシネマ・クレールへ。お目当ての映画は、「シャネル&ストラヴィンスキー」。 最近シャネルの創始者、ココ・シャネルを題材にした映画が相次いでいる。シャーリー・マクレーン主演の「ココ・シャネル」、若き日のココを描いた「ココ・アヴ…

アバター

先週末に気になっていた映画「アバター」を見に行ってきた。予告編を見たときからずっと気になっていて、是非3Dで見てみたいっていうのもあったし。 これまでの立体映像と違って、目の前に飛び出てくる感じではなく、評判どおり奥行きを感じる。前の方の席に…

感染列島

昨晩何気なくつけたテレビで放映してた「感染列島」。医療関係のドラマなんだろうなあって思って見てたら、ああ、これ新型インフルエンザが最初に流行った時期と重なって、かなり話題になった映画だってわかった。実際、うちの職場の感染対策チームの人たち…

THIS IS IT〜Michael Jackson

この週末に、マイケル・ジャクソンのドキュメンタリー映画「THIS IS IT」(オフィシャルサイトはこちら)を見てきた。10月28日公開の二週間限定という触れ込みだったので、ぐずぐずしてたら見逃してしまうかと思って。だけど、あまりにも反響が大きいので、…

スラムドッグ$ミリオネア

昨晩はGW中の当直。急患の対応に追われて忙しく過ごす。いつもなら、ただ疲れた〜ってなるだけなんだけど、比較的活力が残ってる。というのも、昼間に見た映画「スラムドッグ$ミリオネア」に元気をもらったから。 この映画は、今年のアカデミー賞の作品賞を…

My Funny Valentine

手書き楽譜の写真でもお分かりのように,ジャズのスタンダード曲の中でも,「My Funny Valentine」はお気に入り.この曲,特にバレンタインデーとは何の関係もなく,元々は1937年に上演されたミュージカルコメディーの挿入曲.女性がValentineという名の恋人…

Perfume

そろそろ花粉症の季節到来。黄砂が降ってくる季節になると、決まって僕の鼻もむず痒くなってくる。毎年常用しているのはアレグラといって、『パイロットも飲める』が売り文句の眠くならない薬。 花粉症で何が困るかっていうと、くしゃみ・鼻水は勿論だけど、…

チェ 28歳の革命

久々に映画館へ足を運んだ。2部作で、すでに後編が上映されているが、まずは前篇の「チェ 28歳の革命」。 アルゼンチン人医師でありながらキューバ革命に参加した、エルネスト・チェ・ゲバラの生涯を、スティーヴン・ソダーバーグ監督、ベニチオ・デル・トロ…

ジャズもいいけどクラシックもね

昨日は,ちょっと真面目に書いてしまいましたが,今日から平常運行に戻りますね.またおつきあいをお願いいたしやす! 先日,ルネスホールに寄ったらクラシックのコンサートをしてました.ルネスの事務方WKBさんが,僕の姿を見つけるなり 「すんませんねぇぇ…